増減のきっかけ|生活習慣を見直してアルツハイマーを予防|いつまでも健康な体を維持
男性

生活習慣を見直してアルツハイマーを予防|いつまでも健康な体を維持

増減のきっかけ

男性

抗酸化作用があるものをとる

呼吸をするなど人は生きている限り、活性酸素が発生してしまいます。活性酸素が増えすぎてしまうと、細胞を傷つけてしまいがんになってしまう可能性を高くしてしまうことがあります。活性酸素が増える原因は身近にたくさんあり、年齢が高くなれば活性酸素を減らすための酵素の数も減少します。人によっては、喫煙や飲酒をするものですが活性酸素を増やす要因になりますし、ストレスもまた増やす要因になりますのでストレス解消も必要なことになります。ビタミンCやビタミンEには抗酸化作用があり、活性酸素を減らす効果があります。抗酸化作用を含む食品は比較的簡単に手に入れることができるので、毎日摂取することは難しいことではありません。

不必要なものではありません

活性酸素というと、体の細胞を傷つけていろいろ悪さをするように表現されることが多いですが決して不必要なものではありません。ウイルスや細菌から体を守る時に活躍するものですが、多すぎると体に悪影響を与えるものになってしまいます。活性酸素があることが悪いのではなく、多すぎることがいけないことです。生きていくためには必要な物質ですが、生活習慣の悪化によって増えることが多いです。加齢が原因ということもありますが、現在では生活習慣の悪化による増加のほうが多いです。喫煙、飲酒を極力控えてビタミンなど体に良いものを多く摂取することが大切です。適度に活性酸素がある状態にするためにも、食事を改善してストレスが少ない生活を心がけるとよいです。